Daily Contents
Daily Contents
作成日:2022/05/30
インボイス制度 よくあるお問合せ 5月27日現在 国税庁



国税庁サイトで公表されている、インボイス制度に関する「お問合せの多いご質問」が、5月27日現在として更新されています。

○お問合せの多いご質問(随時更新)(PDF/648KB)

『令和4年5月27日掲載』として、掲載されている質問の問は、以下のとおりです。

  1. T 適格請求書等保存方式の概要等
    • 問1 適格請求書等保存方式(いわゆる「インボイス制度」)の概要を教えてください。
  2. U 適格請求書発行事業者の登録制度
    • 問2 適格請求書発行事業者の登録は、どのような手続で行うのですか。
    • 問3 適格請求書発行事業者の登録は、どのような方法で通知されますか。
    • 問4 インボイス制度が始まる令和5年10月1日から登録を受けるためには、いつまでに登録申請書を提出すればよいですか。
    • 問5 免税事業者が令和5年10月1日から令和11年9月30日までの日の属する課税期間中に登録を受ける場合の取扱いについて教えてください。また、この場合、いつから課税事業者となりますか。
    • 問6 個人事業者が、令和5年10月1日から適格請求書発行事業者の登録を受ける場合における、令和5年1月1日から令和5年12月31日までの課税期間(令和5年分)の消費税の申告について具体的に教えてください。
    • 問7 免税事業者が令和5年10月1日から令和11年9月30日までの日の属する課税期間中に登録を受ける場合には、登録を受けた日から課税事業者になるとのことですが、その課税期間から簡易課税制度の適用を受けることができますか。
    • 問8 登録申請書を提出してから登録の通知を受けるまでにどの程度の期間がかかりますか。
    • 問9 当社は、軽減税率対象品目の販売を行っていませんが、適格請求書発行事業者の登録を必ず受けなければなりませんか。
    • 問10 インボイス制度に関する登録申請書等の様式はどのように入手できますか。
    • 問11 適格請求書発行事業者の情報は、どのような方法で公表されますか。
  3. V 適格請求書発行事業者の義務等
    • 問12 当社は、事業者に対して飲食料品及び日用雑貨の卸売を行っています。適格請求書の記載事項を満たす請求書を取引先に交付したいと考えていますが、どのような対応が必要ですか。
  4. W 適格請求書等保存方式の下での仕入税額控除の要件
    • 問13 インボイス制度開始後の一定期間、免税事業者等からの仕入税額相当額の一定割合を控除できる経過措置について教えてください。

ところで、上記問5から7は、免税事業者の登録事業者の申請と課税事業者となる開始日(=課税期間の始期)、簡易課税の適用に関する項目となっていますが、免税事業者が課税事業者となる場合、恐らく大多数が簡易課税を選択されると思いますので、セットで確認されるとよいでしょう。

令和11年9月30日までの日の属する課税期間中に登録を受ける場合であれば、登録日が課税事業者となる始期であり、課税期間の初日となるわけですが、なかなか理解しづらい部分であるようです。

また、この場合にはじめから簡易課税の適用を受ける場合の選択届の提出期限についても通常とは異なっていることから、判断を誤りやすい部分です。令和11年9月30日までの日の属する課税期間中に登録を受ける場合であれば、消費税課税事業者選択届出書の提出は不要です。あえて選択する場合は別として、そうでなく単に登録日=課税期間の始期から簡易課税を適用したいだけであれば、消費税課税事業者選択届出書を簡易課税制度選択届出書と一緒に提出することのないように、ご留意いただきたいと思います。


関連コンテンツ:
インボイス制度 よくあるお問合せ 5月27日現在 国税庁

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page
相続税基礎講座の詳細・申込はこちら
年末調整 給与所得金額 計算ツール


年末調整が楽になる「楽しい給与計算」

セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB