Daily Contents
Daily Contents
作成日:2019/11/28
軽減税率制度 区分経理の留意事項 国税庁



 国税庁のサイトで、区分経理に関する留意事項をまとめた資料が公表されました。

○消費税の軽減税率制度について
○事業者の皆様へ(〜区分経理から消費税申告書作成まで〜)(令和元年11月)(PDF/1,482KB)

 具体的には、次の5つについて記載がされています。

  • 旧税率が適用される取引がある場合
  • イートイン/テイクアウトを税込同一価格で販売している場合
  • 誤った税率に基づいて税込対価を計算したレシートを交付した場合
  • 誤った税率に基づいて税込対価を計算したレシートを受領した場合
  • 必要事項が記載されていない請求書等を受領した場合

 上記の他、“(その他)”として、次の2つについても記載されています。

  • 飲食料品の委託販売を行っている場合
  • 即時充当によるキャッシュレス・消費者還元に係る消費税の仕入税額控除の考え方

 特に、『即時充当によるキャッシュレス・消費者還元に係る消費税の仕入税額控除の考え方』については、現場では仕訳について悩まれている方も多いと思います。ここでは具体的な仕訳は例示されていませんが、消費税の仕入税額控除の考え方として、次の見解が示されています。

  • キャッシュレス還元(即時充当)⇒還元で課税仕入れを認識
  • ポイント利用(値引き)⇒値引きで課税仕入れを認識

 一番早い方で、12月申告から軽減税率適用のある消費税申告がスタートします。改めて確認しましょう。


関連コンテンツ:
軽減税率制度 区分経理の留意事項 国税庁

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page

















 


セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作