Daily Contents
Daily Contents
作成日:2019/06/03
124万人が国税庁サイトの作成コーナーを利用して電子申告 30年分実績値が公表



 平成30年分の確定申告状況についてのまとめが、国税庁サイトで公表されました。


 ○平成30年分所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について(PDF/634KB)(令和元年5月30日)
http://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2019/kakushin_jokyo/pdf/0019005-039.pdf
 
 平成30年分といえば、手続き面ではスマホ申告元年である他、ID・パスワード方式での電子申告(e-Tax)元年でもありました。
 これらの活用状況についても特筆されていますので、確認してみましょう。


 上の画像は、平成30年分の所得税の確定申告書を3月末までに提出した人員数のうち、ICTを利用した1,531万1千人について、その作成・提出方法別にグラフ化したものです。

 特筆すべきは、「国税庁HPの作成コーナーで作成・e-Taxで提出」した数の増加です。
 過去5年のうちは30年分を除き毎年60万人前後だったこの数が、30年分では124万人と2倍を超える増加となっていました。

 また、スマホ申告者数は36万6千人、ID・パスワード方式による申告者数は63万9千人いたことが分かりました。
 特に、ID・パスワード方式による申告については、もう1つの新しい申告方式であるマイナンバーカード方式の47万3千人や、従来方式の8万8千人よりも多く、利便性の向上がICT活用の促進に寄与していることが分かる結果となりました。


 なお、スマホ申告については、来年1月からの確定申告で、次の点が改善されるようです。
  • スマホ申告での利用範囲拡大
    (2ヶ所以上の給与所得者、公的年金などの雑所得者でも利用可能に)
  • マイナンバーカード方式によるスマホ申告が可能に
    (マイナンバーカード読み取り対応のスマホであれば、マイナンバーカード方式でのスマホ申告が可能に)
 特にスマホ申告の利用範囲拡大は、今年の確定申告時期にインターネット上等で騒がれた部分でもあります。また、国税庁サイトの作成コーナーで作成しながらも書面で提出している数も474万1千人(前年比+2%)いました。電子申告を促進するためにも、更なる利便性向上に期待したいところです。




関連コンテンツ:
  124万人が国税庁サイトの作成コーナーを利用して電子申告 30年分実績値が公表

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page

















 


セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作