Daily Contents
Daily Contents
作成日:2018/04/12
IDとパスワードで個人の電子申告が可能に



 個人が所得税の確定申告を提出する方法は、次のいずれかとなります。

  1. e-Taxで送信(電子申告)
  2. 印刷して提出(書面提出)
 この場合、上記1.の電子申告をするには、「電子証明書(マイナンバーカードor住民基本台帳カード)+ICカードリーダライタ」が必要です。そのため、税理士が代理送信する場合を除き、電子申告の普及が思うように進んでいません。
 そこで、より納税者が便利に手続きを行えるよう、平成31年1月からIDとパスワードで個人の電子申告が可能になります。

 ○(個人の方へ)平成31年1月からe-Taxの利用手続がより便利になります(平成30年4月)(PDF/783KB)
http://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/kojin_e-tax_riyou2.pdf
 

 この場合の留意点は、次のとおりです。
ID・パスワードを取得するには:
 事前に本人確認書類(運転免許証等)を持参の上、所轄税務署へ出向く必要がある
 (対面による本人確認が必要)
ID・パスワードを利用して電子申告するには:
 必ず国税庁サイトの「確定申告書等作成コーナー」を利用する必要がある

 また、通常電子申告を行うと受信通知の結果確認等ができますが、これらの確認等について平成31年1月からは「マイナンバーカード+ICカードリーダライタ」が必要となるため、ID・パスワードを利用して確認等を行うことはできません。
 あくまでもこのID・パスワードの利用は、暫定的な措置である点をご認識いただくとよいでしょう。




関連コンテンツ:

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page

















 


セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作