Daily Contents
Daily Contents
作成日:2017/06/19
e-Tax経由でクレジットカード納付が可能になったことによりQ&Aが更新



 先週、クレジットカードによる源泉税の納付が6月12日以降e-Tax経由で可能になった点をご案内しました

 ここでは、源泉税だけでなく他の税目についてもe-Tax経由によるクレジットカード納付は可能である点もあわせてご案内していますが、これらの点に絡み、国税庁サイト上で公表されている、クレジットカード納付に関するQ&Aが更新されています。

 ○クレジットカード納付のQ&A
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/credit_nofu/credit.htm
 
 6月12日付けで更新されたQ&Aの「Q」は、次のとおりです。

(1) クレジットカード納付について
Q1-1 クレジットカード納付が可能な税目を教えてください。また、附帯税(加算税、延滞税等)もクレジットカード納付は可能ですか。(平成29年6月12日更新)
Q1-2 夜間や休日も利用できますか。(平成29年6月12日更新)

(2) 納付手続について
Q2-1 クレジットカード納付を利用するために準備するものはありますか。(平成29年6月12日更新)
Q2-4 複数のクレジットカードを利用することはできますか。(平成29年6月12日掲載)
Q2-5 1,000万円以上の国税を納付する場合も、クレジットカード納付を利用することはできますか。(平成29年6月12日掲載)
Q2-9 納付手続の手順はどのようになりますか。(平成29年6月12日更新)
Q2-10 国税庁ホームページ又は確定申告書等作成コーナーから「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスした場合、課税期間、申告区分、税額等は何を入力するのですか。(平成29年6月12日更新)
Q2-11 e-Taxから「国税クレジットカードお支払サイト」にアクセスした場合、e-Taxからはどのような情報が引き継がれるのですか。(平成29年6月12日掲載)
Q2-12 e-Taxから「国税クレジットカードお支払サイト」には、住所や氏名といった情報が引き継がれないとのことですが、自分の納付手続であることを納付受託者へ連絡する必要はありますか。(平成29年6月12日掲載)
Q2-13 e-Taxで申告し、引き続きe-Taxから「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスした際に、申告した税額の一部をクレジットカード納付することはできますか。(平成29年6月12日掲載)
Q2-14 クレジットカード納付の納付手続内容を後日確認することはできますか。(平成29年6月12日更新)


  クレジットカード手続きは原則24時間年中無休ですが、e-Taxを経由する場合には当然e-Tax利用時間でなければなりません(Q1-2)。また、e-Taxを経由してクレジットカードによる納付を行う場合には送信した税額の全額となるため一部のみの利用は基本的にはできませんが、別の方法を取ることで一部納付も可能です(Q2-13)。

 クレジットカード手続き開始時には、20項目しかなかったQ&Aも現在では54項目に増えています。上記更新されたもののなかには、e-Tax経由による納付手続き以外の更新も含まれています。ご興味のある方は、上記URLよりご確認ください。




関連コンテンツ:

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page

















 


セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作