Daily Contents
Daily Contents
作成日:2020/09/15
令和2年分年末調整 昨年との変更点



 先日、令和2年分年末調整について、様式を案内しました

 今回は、令和2年分年末調整について、昨年と比べて何が変わったか、を以下、まとめました。これまでご案内している改正点をまとめたもの、と言っても良いかもしれません。

  1. 給与所得控除・基礎控除の改正(+扶養親族等の判定)
    • 平成30年度税制改正により、給与所得控除額・基礎控除額が改正されました。
    • 基礎控除額の改正により、年末調整時に基礎控除を適用するためには「給与所得者の基礎控除申告書」を提出しなければならなくなりました。
    • これらの改正に伴い、扶養親族等の判定における合計所得金額要件も改正されています。
  2. 所得金額調整控除の新設
    • 上記1.により、年収850万円超の一定の要件に該当する人については、年末調整時に給与所得控除を調整する「所得金額調整控除」が適用されます。これも平成30年度税制改正によるものです。
    • 所得金額調整控除については、国税庁よりFAQが公表されています。
    • 年末調整時に所得金額調整控除を適用するためには「所得金額調整控除申告書」を提出しなければなりません。
  3. ひとり親控除・寡婦(寡夫)控除の改正
  4. 申告書の新様式
  5. 源泉徴収簿の改正
    • 上記1.〜3.の改正により、源泉徴収簿も様式が変更されています。
  6. 年末調整手続きの電子化


関連コンテンツ:
令和2年分年末調整 昨年との変更点

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page


税理士のテレワークはMyKomonで。

セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作