Daily Contents
Daily Contents
作成日:2020/10/19
年末調整の際に基礎控除申告書に記載する給与所得金額に係る所得金額調整控除の計算



 先日ご案内した年末調整用の給与所得金額計算ツールについて、年収850万円超の方用に、合計所得金額の見積額の計算にあたり、給与所得金額を計算する際の所得金額調整控除額を算定するにあたっての控除額および計算式を以下に掲載します。

  1. 下記2.以外の方
    給与等の収入金額 所得金額調整控除額
    850万円超
    1,000万円以下
    (給与等の収入金額−850万円)×10%
    (1円未満切上げ)
    1,000万円超 15万円
  2. 給与所得と年金所得の双方を有し、かつ、その合計額が10万円を超える方
    {給与所得控除後の給与等の金額(10万円超の場合は10万円) + 公的年金等に係る雑所得の金額(10万円超の場合は10万円)}−10万円=控除額(※)
    (※) 上記1.の所得金額調整控除の適用がある場合は、その適用後の給与所得の金額から控除します。

 なお、年末調整時に所得金額調整控除額を計算するのは、上記1.になります。実際に上記2.を適用するためには、確定申告をする必要があります。ご注意ください。

 このことは、国税庁サイトの以下のタックスアンサーに記載があります。詳細はそちらからご確認ください。

○No.2676 年末調整で所得金額調整控除の適用を受けるとき

 なお、MyKomonでは、毎年、年末調整のチェックシートや記載例、作成の手引などのコンテンツを制作しています。令和2年分の年末調整もただいま制作中です。年末調整のコンテンツにご興味のある税理士事務所(会計事務所)の方は、下のバナーから資料請求ページへ移動の上、“資料請求のきっかけ…”欄は[MyKomonタックスを見て]をご選択いただき、資料請求を行ってください。

資料請求はこちら


関連コンテンツ:
年末調整の際に基礎控除申告書に記載する給与所得金額に係る所得金額調整控除の計算

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page
年末調整 給与所得金額 計算ツール


税理士のテレワークはMyKomonで。

セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作