Daily Contents
Daily Contents
作成日:2020/09/23
令和2年分年末調整のポイント マル基・配・所 A基礎控除申告書の記入



 前回に引き続き、令和2年分年末調整のポイントです。

 今回は、基礎控除申告書部分を記入するにあたり、注意すべきポイントをご案内します。

 基礎控除申告書を記入するにあたり、注意すべきポイントは、次のとおりです。

  • 合計所得金額の見積額の計算について、給与所得の収入金額は、他に給与収入がある場合には合算すること。
  • 記入した給与所得の収入金額が合算後で850万円を超え、所得金額調整控除の要件を満たすのであれば、所得金額の計算時に、所得金額調整控除を適用すること。
  • 区分T」欄は、配偶者控除あるいは配偶者特別控除を適用しなければ、記載不要であること。(つまり、右側の配偶者控除等申告書に何ら記載しないのであれば、この欄の記載も不要、ということです。)

 この、給与所得の収入金額の考え方や所得金額の計算については、配偶者控除等申告書で記入する給与所得の「収入金額」「所得金額」も同様に取り扱います。

 ただし、後日案内する、所得金額調整控除申告書での給与所得の「収入金額」とは考え方が違います。記入誤りのないよう、ご注意ください。

 なお、MyKomonでは、毎年、年末調整のチェックシートや記載例、作成の手引などのコンテンツを制作しています。令和2年分の年末調整もただいま制作中です。年末調整のコンテンツにご興味のある税理士税理士事務所(会計事務所)の方は、下のバナーから資料請求ページへ移動の上、“資料請求のきっかけ…”欄は[MyKomonタックスを見て]をご選択いただき、資料請求を行ってください。

資料請求はこちら

関連コンテンツ:
令和2年分年末調整のポイント マル基・配・所 A基礎控除申告書の記入

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page
年末調整 給与所得金額 計算ツール


税理士のテレワークはMyKomonで。

セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作