Daily Contents
Daily Contents
作成日:2020/09/18
令和2年分年末調整のポイント マル基・配・所 @適用するなら必ず提出



 先日、「令和2年分年末調整 昨年との変更点」として、何が変わったのか、概要を列挙しました。

 そこにも記載したのですが、申告書の新様式として、基礎控除、所得金額調整控除、配偶者控除・配偶者特別控除の申告書が1つにまとまった「給与所得者の基礎控除申告書兼給与所得者の配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書」があります。

 これは、いずれかの控除について適用したい場合には、必ず提出しなければならないものです。

 特に、基礎控除は、合計所得金額2,500万円以下であれば、適用が受けられるものです。年末調整は、年収2,000万円が適用のボーダーラインですから、他の収入(所得)があろうと、合計所得金額が2,500万円を超えなければ適用できるため、おそらくほとんどの年末調整対象者は、この申告書の基礎控除申告書部分を記入した上で、提出をする必要があると考えられます。

 これまでとは違い、提出しなければ基礎控除を適用することはできないため、多くの方が影響すると考えられるこの部分は、しつこいくらい案内をしましょう。

 なお、MyKomonでは、毎年、年末調整のチェックシートや記載例、作成の手引などのコンテンツを制作しています。令和2年分の年末調整もただいま制作中です。年末調整のコンテンツにご興味のある税理士税理士事務所(会計事務所)の方は、下のバナーから資料請求ページへ移動の上、“資料請求のきっかけ…”欄は[MyKomonタックスを見て]をご選択いただき、資料請求を行ってください。

資料請求はこちら

関連コンテンツ:
令和2年分年末調整のポイント マル基・配・所 @適用するなら必ず提出

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page
年末調整 給与所得金額 計算ツール


税理士のテレワークはMyKomonで。

セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作