Daily Contents
Daily Contents
作成日:2021/07/02
令和3年分の路線価等 国税庁サイトで公表



 先日のご案内のとおり、7月1日に国税庁サイト上で令和2年分の路線価等が公表されました。

○令和3年分の路線価図等を公開しました

 更正等の関係上で、過去7年分が公表されており、毎年最新年が上記URLに設定されています。令和3年分ですと、平成27年分までが上記URLより辿ることができます。

 令和3年分の路線価については、報道等でもご存知のとおり、新型コロナウイルス感染症の影響によるインバウンド需要の急落に合わせて、路線価も軒並み下落しています。

 特に大阪国税局管内での最高路線価である『大阪市北区角田町(御堂筋)』(以下、御堂筋)の下落の他、この御堂筋と昨年ほぼ同等の価格をつけていた『大阪市中央区心斎橋筋2丁目(心斎橋筋)』(以下、心斎橋筋)は、御堂筋よりもさらに下落が激しく、御堂筋が8.5%の下落に対し、26.4%の下落となっています。この心斎橋筋は、先日の地価変動補正率の対象地域であり、その補正率は『0.91』となった地域でもあります。

○令和3年分の大阪国税局各税務署管内の最高路線価

 ちなみに、全国での最高路線価は、引き続き東京都の『中央区銀座5丁目 銀座中央通り』で、4,272万円でした。前年より7.0%の下落です。平成26年から上昇を続けてきましたが、一転して下落となりました。

 また、愛知県の最高は引き続き名駅通りの1,232万円で、前年よりも1.3%下落しましたが、大幅な下落とはなっていません。

○令和3年分の路線価等について

 皆様の地域は、いかがでしょうか。


関連コンテンツ:
令和3年分の路線価等 国税庁サイトで公表

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page
年末調整 給与所得金額 計算ツール


税理士のテレワークはMyKomonで

セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作