Daily Contents
Daily Contents
作成日:2022/04/18
令和3年分の路線価等の補正について(7〜12月分) 国税庁



路線価(評価倍率を含む。以下同じ)については、地価公示価格等の80%程度を目安に評価がされています。

ただし、評価時点が1月1日であることから、年の途中で発生した何らかの事情により地価が大幅下落し、レンジとしてとった20%を上回る下落が生じた場合には、状況に応じて路線価の見直し(補正)がされています。

他方、自然災害に伴う「調整率」も存在しています。

「補正」に関しては、近年では、新型コロナウイルス感染症の影響による補正が令和2年分でなされており、更に令和3年分についても状況に応じて検討する旨が発表されていました。

実際、令和3年分の路線価について、1〜6月分は補正しない旨の公表はすでに行われていますが、先日、7〜12月分について国税庁サイトで公表されました。

○令和3年分の路線価等の補正について(7〜12月分)

7〜12月分についても1〜6月分と同様、路線価の補正は行わない旨が公表されています。

令和4年分の路線価は、例年通りであれば7月1日になるのでしょう。残り3か月弱ですが、今年はどうなるのでしょうか。


関連コンテンツ:
令和3年分の路線価等の補正について(7〜12月分) 国税庁

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page
年末調整 給与所得金額 計算ツール


年末調整が楽になる「楽しい給与計算」

セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB