Daily Contents
Daily Contents
作成日:2022/03/15
3月15日中にe-Taxの接続障害により申告ができない場合の対処方法



3月14日に発生したe-Taxの接続障害は、15日7時現在においてもその原因が解明されていない状況であるようです。(13時現在の情報では、断続的につながりづらい状況にあるようです。本文末尾参照)

申告所得税や贈与税は本日(3月15日)が期限であるため、e-Taxの接続障害を原因として本日中の申告が難しい場合の対処法について、国税庁サイトで情報が掲載されました。

○e-Taxへの接続障害について(第四報)

上記第四報に掲載されている対処法は、次の2つです。

  • 本日中に書面により提出
  • 個別の申告期限延長申請による提出

「本日中に書面により提出」するには、本日中

  • 所轄税務署へ直接出向く
  • 郵送等の手続をとる(=通信日付印(消印)を本日中にする必要あり)

いずれかの方法をとる必要があります。

必要書類の印刷や製本、封入作業等を考えたときの税理士事務所のような申告数が多数ある場合や、e-Tax申告を適用要件として65万円の青色申告特別控除額を適用したい場合は、もう1つの方法である、“個別の申告期限延長申請による提出”になるでしょう。

「個別の申告期限延長申請による提出」とは、新型コロナウイルス感染症の影響による個別の申告期限延長のように、付記による提出です。想定されるのは、後日、e-Taxによる提出となるでしょうから、「特記事項」欄に、「e-Tax の障害による申告・納付期限延長申請」と入力して送信することとなります。

なお、この“個別の申告期限延長申請による提出”は、先日ご案内している、新型コロナウイルス感染症の影響による個別の申告期限延長ではないため、同じように付記をするのですが、文言にご留意ください。

※(14時更新)第五報が13時現在として公表され、これによれば断続的に接続しづらい状況となっているようです。また、この第五報によれば、この接続障害による個別の申告期限延長の期間は障害の解消後改めてお知らせがあるようです。こちらには書面により個別の申告期限延長による提出の記載例も掲載されていますので、あわせてご確認ください。

○e-Taxへの接続障害について(第五報)


関連コンテンツ:
3月15日中にe-Taxの接続障害により申告ができない場合の対処方法

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page
年末調整 給与所得金額 計算ツール


年末調整が楽になる「楽しい給与計算」

セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB