Daily Contents
Daily Contents
作成日:2016/08/11
共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換 特設ページが公開



 国際的な脱税や租税回避行為に対応するために設けられた、OECDにおいて公表された「共通報告基準(CRS:Common Reporting Standard)」に基づく自動的情報交換を実施するために、平成29年1月1日以後口座開設を行う際には、居住国等記載した届出書の提出が必要になります。この点は、既にご案内の通りです。


 このときにご案内した“共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換について”、特設ページが国税庁サイト内で設けられました。

 ○共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換
  http://www.nta.go.jp/sonota/kokusai/crs/index.htm
 
 
 ここには、制度の概要を確認できるリーフレットや財務省の「税制改正の解説」等の他、FAQや関係法令、OECD公開情報へのリンク等が用意されています。

 先にご案内のとおり、当該届出の提出対象者は日本居住者を含めた全ての者です。

 今一度ご確認ください。




関連コンテンツ:

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page

















 


セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 相続診断と対策ツール 専門家に質問する 業務ツールデータベース 事務所通信を簡単作成 給与計算ソフト DB 会計事務所専用HP制作