Daily Contents
Daily Contents
作成日:2020/04/20
税理士の業務とテレワーク(在宅勤務)のFAQ 日税連



 緊急事態宣言が全国へと拡大され、税理士事務所であっても例外なく、テレワークを余儀なくされているかと思います。

 そのような中、日本税理士会連合会(日税連)から発出された、「税理士の業務とテレワーク(在宅勤務)〜新型コロナウイルス感染防止対応版〜」と題したFAQが同サイト内で確認できます。

○緊急事態宣言による出勤の自粛要請について
○「税理士の業務とテレワーク(在宅勤務)〜新型コロナウイルス感染防止対応版〜」の掲載について(会員専用ページ)

 現状確認できる上記FAQには、開業税理士・社員税理士・所属税理士それぞれの立場から登録事務所以外で税理士業務を行う際の留意点が述べられているほか、税理士事務所あるいは税理士法人の職員が自宅で決算申告業務を行うことについての留意点もあります。

 特に、職員の自宅での業務については、守秘義務を遵守できるような体制整備(管理監督)が必要です。注意しましょう。

 このFAQを確認する場合には専用のIDとパスワードが必要ですが、税理士であれば、ご存知のはずです。

 税理士及び事務所従業員のテレワークについてはこちらをご確認いただき、法の抵触がないように取り計らいましょう。

 なお、MyKomonでは、「税理士がテレワークをはじめるためのセミナー」を作成し、お申込みいただいた方へ無料配信しております。ご興味のある税理士の方は、下のバナーからお申し込みください。ここでは日税連の指針から、現場の事例・解決策、コロナ収束後の対応、使える補助金や助成金を解説しております。

税理士事務所のためのテレワークセミナー申込はこちらから


関連コンテンツ:
税理士の業務とテレワーク(在宅勤務)のFAQ 日税連

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page


税理士のテレワークはMyKomonで。

セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作