Daily Contents
Daily Contents
作成日:2017/08/16
配偶者控除、配偶者特別控除の改正に伴い、年内に理解しなければならないこと



 配偶者控除、配偶者特別控除の改正施行が来年1月からですので、開始まであと半年をきりましたが、実際の計算は平成30年分の年末調整が最初になるでしょうから、基本的にはあと1年猶予があると考えても問題ないでしょう。


 ただしこの改正に伴い、給与の源泉徴収を行う際の「扶養親族等の数」の算定が変わります
 この算定の変更自体も来年1月からとなるため、この数を求める根拠となる、扶養控除等申告書(マル扶)の記載も変わります

 つまり会計事務所としては、最低限、次の2点が変わることを事業者であるお客様へ年内に説明し、理解していただく必要があります。
  1. 「扶養親族等の数」の算定が変わる源泉徴収の計算方法の変更
  2. 1.に伴い平成30年分のマル扶の記載が変わる従業員へ記載してもらう内容の変更
 これらについて網羅されている資料は、国税庁から公表されている次のパンフレットです。

 ○平成30年分以降の配偶者控除及び配偶者特別控除の取扱いについて(毎月(日)の源泉徴収のしかた)(PDF/414KB)
 http://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/pdf/02.pdf
 
 
 
 
 この資料を基に、上記2点について次回から詳しく内容を説明していきます。




関連コンテンツ:

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page

















 


セミナー一覧へは、こちらから

業界専用グループウェア 給与計算ソフト相続診断と対策ツール DB

会計事務所専用HP制作