Daily Contents
Daily Contents
作成日:2015/05/22
平成27年4月現在の印紙税額一覧表が公表



 国税庁サイト上に、平成27年4月現在の印紙税額一覧表が公表されました。

 ○印紙税額一覧表(平成27年4月1日以降適用分)(平成27年4月)(PDF/272KB)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/inshi/pdf/zeigaku_ichiran.pdf

 あわせて、印紙税に関するパンフレットも公表されています。

 ○契約書や領収書と印紙税(平成27年4月)(PDF/2,493KB)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/inshi/pdf/1504.pdf


 平成27年度税制改正では、印紙税に関して広く一般に影響のある改正はなかったため、前年度に引き続き、とお考えいただいてほぼ間違いはないでしょう。

 そのため実務的には、昨年9月に公表された『印紙税の手引』を用いると、印紙税の判断に役立ちます。

 ○印紙税の手引(平成26年9月)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/inshi/tebiki/01.htm


 上記手引に掲載されている印紙税額一覧表は、現在では最新のもの(平成27年4月現在)に差し替えられていますので、今からダウンロードしていただいても十分ご活用いただけます。

 特に「請負」の判断について迷うのですが、具体的な例が上記手引には示されています。実例もありますので、参考にされるとよいでしょう。



 ちなみに「請負」と「委任」との違いについて、上記手引には示されていませんが、一般的に「請負」は仕事の完成物があるもので、「委任」は仕事の完成物がないものになります。たとえば税理士業務において、決算書の作成は「請負」、税務相談は「委任」と考えていただければ、想像は難しくないでしょう。

 なお、たまに「契約書のタイトルは“▲▲▲”ですが、第○号文書になりますか」という質問をお受けしますが、印紙税は契約書のタイトルで判断するものではなく、契約書の記載内容で判断します。その点も上記手引でご確認いただくとよいでしょう。




関連コンテンツ:

dailycontents page
影山勝行経営フォーラム
downloadcontents page

















 


セミナー一覧へは、こちらから



業界専用グループウェア 相続診断と対策ツール 専門家に質問する 業務ツールデータベース 事務所通信を簡単作成 給与計算ソフト DB 会計事務所専用HP制作